Home > GUNDAM > 「密会―アムロとララァ」は何が密会か?

「密会―アムロとララァ」は何が密会か?

ガンダム小説版のI~IIIまでを読み終わった後、その勢いでいろいろ読み始めました。まずは薄いところからということで「密会―アムロとララァ」を読みました。

こっちも内容的にはファーストの話なんだけど、I~IIIの話とは違ってかなりTV版、劇場版に近い内容です。薄いこともあってそのダイジェスト版ってところかな?。
しかし、タイトルに「密会」ってあるように違う部分もあって、アムロがララァにサイド6で出会ったあの後日、アムロが再度ララァを訪ねていくという内容が書かれています。このことが後々のニュータイプ三角関係に繋がってくるという解釈なんでしょうか。

密会―アムロとララァ (角川スニーカー文庫)

著者/訳者:富野 由悠季

出版社:角川書店( 2000-09-28 )

定価:

文庫 ( 204 ページ )

ISBN-10 : 4044101531

ISBN-13 : 9784044101534


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://net-mount.com/496/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「密会―アムロとララァ」は何が密会か? from Net MOUNT

Home > GUNDAM > 「密会―アムロとララァ」は何が密会か?

QR Code

Net MOUNT - QR Code

Mail

Mail Address

UNIQLOCK
メタ情報

Return to page top