Home > Tags > Firefox

Firefox

ページの読み込み速度を改善しました

なんか遅かったんですよ。このサイト。トップページ読むのに20秒もかかってた。
Firebugを入れて調査を行ったら、とあるWordPressプラグインの設定が間違っていて、存在しないファイルを読んでました。
そのせいでタイムアウトまで読み込みがかかってたというオチ。orz

修正したので、今度は数秒で読み込まれると思います。

Firefox「サーバが見つかりませんでした」&「起動はしていますが応答しません」エラーを解決

Firefoxを2.0.0.12にアップデートにしたとたん「サーバが見つかりませんでした」のようなエラーが表示され、Webページを見ることが出来なくなった。IP直打ちだと開けるので名前解決がうまくいかないようだ。試しにFlockで開いてみると問題ないので、Firefoxだけの問題のようだ。

こんな時は決まってファイアウォールソフトの設定と決まっているので、インストールしてあるKasperskyの設定を変えてfirefox.exeを信頼ゾーンに入れたり、Kasperskyを一時的に無効にしたりしてみたが一行に解決しないorz

原因がわからないのでFEBE拡張でバックアップを取ってから、Firefoxをアンインストール>再インストールした。

インストールが終わったので早速起動。なんかエラーが出る。「起動はしていますが応答しません」だって。

Firefoxが開けないエラー

Process Explorerで覗いてもFirefoxらしきプロセスは一つもいない。念のためPCを再起動するも結果は同じ。うーん、何でだ。でも、このメッセージどこかで見たことがあるぞ。
Flockで検索すると以前にも検索したことのあるようなページにたどり着いた。そうだ、こんな場合はプロファイルの再作成だった。

firefox.exeに-p オプションを付けて プロファイルマネージャーを起動する。defaultプロファイルを削除して新規作成。同じdefaultという名前に変更後、Firefoxを起動する。見事起動。やったー。

しかし、まだ 「サーバが見つかりませんでした」エラーが表示される。
もうお手上げorz

先ほど無効にしていたKasperskyを有効化する。Kasperskyの設定を見るとファイアウォールの機能だけが無効になっていることを発見。そういえば先日、別ソフトの実験をする際に無効にしたままであった。
ファイアウォール機能を有効化してからFirefoxを起動すると、Kasperskyの「firefox.exeが書き換わっている」とのメッセージが表示された。承諾を選択すると、やっとWebページが表示された。やったー×2。

問題は解決されたが、なんか納得いかない。ファイルの改変検知はプロアクティブディフェンス機能のハズなのに、Kasperskyを無効化してもFirefoxのアクセスはガードされたままだった。ファイアウォール機能をOFFにしていたら、ファイルの改変検知メッセージが表示されなかった等、わけがわからない不思議な動作をしていた。これが問題解決に時間がかかった理由だ。セキュリティソフトの動作って難しいな。

教訓:ソフトのバージョンアップをした場合は、先にKasperskyの全機能をONにしてから起動する。

Firefoxのパスワードの記憶を初期化する

Firefoxの動きが怪しくなってしまいました。ブラウザに覚えさせておいたユーザIDとパスワードが、いつものサイトで表示されないのです。

オプションの「セキュリティ > パスワード」 から「パスワードを表示」 してみたのですが、昨日まで覚えさせてあったパスワードが一つもありません。何かの拍子に消えてしまったのかもと思い、サイトでユーザIDとパスワードを入力したのですが「このサイトでパスワードを記憶しますか?」みたいなダイアログも表示されません。念のためFirefoxを再起動してからサイトを開いてみましたが、やっぱり自動で入力されません。
どうやらパスワードマネージャが逝ってしまったようです。コレは困った。

パスワードマネージャでパスワードを記憶しているはずのファイルを消せば直るかなと思いつき、”Firefox パスワード ファイル”でググったところそれらしき方法を発見しました。

その方法とは簡単で、Firefoxを終了後、プロファイルディレクトリの”signons2.txt”と”key3.db”を削除してから、Firefoxを起動する。というものです。試してみたら無事パスワードの記憶が出来るようになりました。

その後、数日前に取ったプロファイルのバックアップから”signons2.txt”と”key3.db”を戻すと、それまでに記憶されていたパスワードも復帰できました。バックアップってホント大事ですね。

おまけとしてパスワード記憶機能に関連した機能拡張Secure Loginを紹介します。
Secure Loginを入れると、Firefox標準のパスワードマネージャの機能を置き換えて安全にログイン出来るようにしてくれます。具体的には、Webページ上のボタンを操作してログインするのではなく、ツールバーやショートカットに表示されるSecure Loginのアイコンをクリックすることでログインします。この機能によりクロスサイトスクリプティング等の攻撃を無効にします。またJavaScriptを使ったログインも可能で、キーロガーによるパスワードの読み取りも防止できます(この機能が利用できないサイトもあります)。
Secure Login :: Firefox Add-ons
Mozilla Re-Mix: 「Secure Login」で簡単・安全にログインする。

FirefoxをGoogleトーククライアントとして使用する

Firefoxで作成したGoogleトーククライアント

現在作業をしている作業場所の環境では不便なことにGmailの使用(というかWebメール全般)が禁止されているため、Gmailへのアクセスが出来ません。そのためGmailとURIが共通のGoogleトークも使用することができません。 しかーし!GoogleトークにはiGoogleのガジェットというインタフェースも存在するため、そちらのURIへアクセスすれば無事Googleトークを使うことが出来るのでした。(作業場所で認められているかどうかは別として)

そんなある日、ITmediaWebアプリ専用のFirefoxを作るという記事が記載されていました。「この方法でGoogleトーク専用のFirefoxを作れば便利かも」ということでやってみました。

まず記事の通り、常用しているFirefoxとは別のウィンドウで起動するために「firefox -p」にて別のプロファイルを作成しておきます。その後、新たに作成したプロファイルを指定するため、「-no-remote -p “新たに作成したプロファイル”」オプションをつけてFirefoxを起動します。

起動した”専用のFirefox”で「Googleトーク ガジェット」 を開いて、起動時に開くようにホームページに設定します。

記事では、タブを閉じられなくする拡張機能「PermaTabs」を使用していますが、今回はFirefoxのタブ機能を殺してしまって、完全な専用クライアントにしてしまいます。そのために必要な拡張機能「タブキラー」をインストールします。

ツールバーやステータスバーもじゃまなのでメニューから非表示にします。また、メニューもじゃまだと思う方は拡張機能「disable menu」で非表示にすることが出来ます。

もっと本格的に専用アプリっぽくするために、タイトルバーに表示される”- Mozilla Firefox”部分を消してしまうには、拡張機能「Titlebar Tweaks」 を使用します。

最後に、間違って専用アプリもどきを終了しないように、拡張機能「Minimize To Tray」をインストールすると完成です。

駆け足で説明しましたが、これでGmailにアクセスできない環境でもGoogleトークに快適アクセスできますね。

間違ってFirefox消しちゃいました

Firefox3のβ2を入れるため、すでに入れてあったβ1をアンインストール。「きれいに入れたいな」と思ったのが間違い。アンインストール時になにやらオプションを選択するとβ用のプロファイルとともに常用のFirefox2用のプロファイルも消えちゃいました。ショック!
ブックマークはBookmark Sync拡張でバックアップしてあったので問題ないんですが、20個あまりの拡張は何が入っていたか思い出すのが大変です。それと再設定。あーめんどくさい。下手こいたー。

3時間ほどかけて再セットアップ完了。今度はどんな拡張をインストールしていたか、記録を残しておこうと思います。と思ったら、インストール済みのMR Tech Local Install拡張の機能で一覧を出力できました。以下メモ。
——————–
最終更新時刻: Sat Dec 22 2007 23:36:35 GMT+0900
UA名: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.1.11) Gecko/20071127 Firefox/2.0.0.11
ビルドID: 2007112718

有効な拡張機能: [22]
– All-in-One Gestures 0.18.0: http://perso.wanadoo.fr/marc.boullet/ext/extensions-en.html
– All-In-One Search button 1.67: http://www.pcdingo.net
– Better Gmail 2 0.2: http://www.ginatrapani.org/workshop/firefox/bettergmail2/
– Bookmark Sync and Sort 1.0.7: http://users.adelphia.net/~uberugh/bookmarksyncandsort.html
– ColorfulTabs 2.0.8: http://varun21.googlepages.com/
– CuteMenus Classic 0.6: http://www.google.com/search?q=Firefox%20CuteMenus%20Classic
– Download Statusbar 0.9.5.2: http://downloadstatusbar.mozdev.org/
– Favicon Picker 2 0.3.4.3: http://www.google.com/search?q=Firefox%20Favicon%20Picker%202
– FormFox 1.6: http://www.marblehead.com/schools/mhs/headlight/columns/dsteinbrook
– Greasemonkey 0.7.20070607.0: http://greasemonkey.mozdev.org/
– IE Tab 1.3.3.20070528: http://ietab.mozdev.org/
– Japanize 0.8.11: http://japanize.31tools.com/
– MR Tech Local Install 5.3.2.6: http://www.mrtech.com/extensions/local_install/
– Resize Search Box 0.0.8: http://dragtotab.mozdev.org/resizesearchbox/
– Resizeable Form Fields 0.2.1: http://justinsomnia.org/2006/10/resizeable-form-fields-for-firefox/
– ScrapBook 1.3.2.2: http://amb.vis.ne.jp/mozilla/scrapbook/
– Secure Login 0.9.0.3: https://blueimp.net/mozilla/
– Stylish 0.5.3: http://userstyles.org/stylish/
– Tab Mix Plus 0.3.6: http://tmp.garyr.net
– Web Developer[日本語版] 1.1.2: http://chrispederick.com/work/webdeveloper/
– テキストリンク 2.0.2007111301: http://piro.sakura.ne.jp/xul/_textlink.html.en
– 翻訳パネル 1.4.14.5: http://nazodane.hp.infoseek.co.jp/index.xhtml

インストールテーマ: [1]
– Firefox (default): http://www.mozilla.org/

インストールプラグイン: (12)
– ATOK
– DivX Player Netscape Plugin
– DivXR Content Upload Plugin
– DivXR Web Player
– IE Tab Plug-in
– iTunes Application Detector
– Java(TM) 2 Platform Standard Edition 5.0 Update 9
– MicrosoftR DRM
– Mozilla Default Plug-in
– QuickTime Plug-in 7.3
– Shockwave Flash
– Windows Media Player Plug-in Dynamic Link Library
——————–

Page 2 of 2
1 2

Home > Tags > Firefox

QR Code

Net MOUNT - QR Code

Mail

Mail Address

UNIQLOCK
メタ情報

Return to page top