Home > Tags > 柔道

柔道

五輪柔道のルールは変えなくても十分勝てる

昨日の話はなかったことにしよう!谷本の金メダルに感動した!

「待て」を待ったり、ずるずると「投げ技もどき」で時間稼ぎする相手を寝技に持ち込んでの一本。気持ちよすぎ。

決勝の投げ技も最高にかっこよかった。あれだけの反応が出来るようになるには、きっと気が遠くなるような練習が必要だろう。

あの瞬間、日本のお茶の間の全員が感動したに違いない。

五輪柔道はルールを変えるべき

五輪柔道を見ていると、柔道をやってる試合が少なくておもしろくない。もうそろそろルールを見直すべきではないか?

いや、日本柔道が弱くなってるから言っているのではない、柔道というスポーツの醍醐味である「柔よく剛を制す」ための投げ技、テクニカルな寝技のおもしろさが無くなってきて、競技人口がどんどん減ってしまうのではないかと恐れているからだ。

まず、組み手。組み手の攻防というおもしろさも重要であるが、今のままでは最後までちゃんと組まないでも勝てる場合がある。組み手を嫌って逃げていても、相手側に反則が付く場合があるからだ。これは審判の判定ミスが多いという理由もある。

これからは、組んだ状態から試合開始させろ。組み手を離したら10秒以内に組まないと反則にする。

つまらない投げ技(もどき)はポイントを取らなくする。特に足をすくう系の「組んでない状態からの」朽木倒し、諸手狩りは禁止(反則化)。

「投げに失敗して倒れた相手を転がしたら、上にいる方が投げたことになる流れ」これは廃止。投げは投げ、捨て身技以外の投げでは「落ちた瞬間に」相手の背中が畳に付いた場合は一本とし、それを基本に判定する。

寝技の復活。寝技が最後の最後まで狙えるように、寝技が決まった場合はタイムアウト後もカウントを継続する。また、寝技を狙っている場合は完全に膠着状態になるまで「待て」をかけない。

そして一番最後に一番大事なルール、正しい審議が可能な審判を選ぶ。ちゃんとした審判を用意してあげないと、一生懸命練習してきた選手達がかわいそう。

それと、主審、副審以外にも、ウェイトリフティングみたいに全員の意見が一致すれば審判の判定を取り消すことの出来る「審判の審判」みたいな仕組みを作ったり、コーチによる抗議があればビデオ判定が出来る仕組みを作ればいい。

と、ここまでいろいろ考えてみたが、テレ朝にゲストコメンテータで出ていた古賀さんに一言言われてハッとした。

「今のルールの中で金を取れるようにがんばるしかない。」

やっぱりメダリストの言葉は重いなぁ。

五輪柔道が熱い

いゃあ暑いですね。それにしてもオリンピック柔道、見ていて力が入ります。

今の柔道は組み合わない、技かけない流れなので、日本柔道家はとても苦労してますね。そんな中でも今日の男子66Kg級の内柴君は研究してるなと思いました。

ひっきりなしに動いて、十分に組めなくても相手が嫌な技をかける。相手が焦ったところに背負い、もしくは寝技。勝因はこれにつきる。内柴君金メダルおめでとう。

女子52Kg級の19歳、中村さん。どんなときもポーカーフェイス、かなり冷静な試合運びでかなりの逸材と見た。しかし、組ませてくれない外国柔道への対策がまだ完成してない感じでしたね。でも、銅メダルはすごいよ。これからに期待です。

明日からも柔道の熱戦は続くけど、会社なんだよなぁ。生で見たいよ。

柔道じゃないけど、オグシオも勝ってホッとしました。

Home > Tags > 柔道

QR Code

Net MOUNT - QR Code

Mail

Mail Address

UNIQLOCK
メタ情報

Return to page top