Home

Net MOUNT

東京モーターショー2014

先週、20年ぶりぐらいに東京モーターショーに行ってみた。
前回までは幕張メッセで開催だったのだが、今回は東京ビッグサイト。東京ビッグサイトに来るのも何年かぶり。

10時会場予定なので、会場から入るために40分ぐらい前に着くように行ったのだが、この混みよう。

131124 東京モーターショー

ただ、開場後10分ぐらいで入れたので、やっぱり並んでおいて正解。

ヨメが下調べをしておいてくれた今回の一番目的「プロの運転による乗用車同乗体験試乗会」の会場にダッシュで向かう。
途中で係員が「走らないでください。抽選ですから」と叫んでいた。抽選?

会場に着くと確かに抽選になっていて、開始時刻別に抽選に当たった人が、用意された車から選択で予約して乗れる仕組みらしい。
ラッキーなことに、ヨメも自分も当選したので2回乗れることに。
ただ乗りたかった車はすべて予約でいっぱいだったので、残っている車からレクサスとボルボを選択しました。

131124 東京モーターショー

131124 東京モーターショー

同意書にサインの後、そんなに待たずに車に案内されると、日本自動車ジャーナリスト協会のプロのドライバーさん達が和やかに車の説明をしてくれます。そしてスタート。
短いコースなのに全開加速。小回り、ブレーキと、ジェットコースターばりの運転をしてくれます。高級スポーツ車ってすげー。
楽しくてつい声が出てしまった。

その後は、早めに会場内のレストランで昼食。オープン直後なのでそんなに並ばずに食べることができました。
こういう場所では早め早めの行動が吉と出ます。

ただ、各メーカの展示はどこも人がいっぱいで、人の流れにまかせるように一通り見た感じです。
やっぱり、人がいっぱいだとつかれますね。

131124 東京モーターショー

おねーちゃん入りの車写真をメインで載せますね。

131124 東京モーターショー

131124 東京モーターショー

131124 東京モーターショー

131124 東京モーターショー

131124 東京モーターショー

タイムマシンも展示

131124 東京モーターショー

131124 東京モーターショー

メンズもどうぞ

131124 東京モーターショー

大河原邦男デザインの自動車も

131124 東京モーターショー

そのほかの写真はこちら

試乗会 | イベント | TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

耳鼻科に行った話

朝、洗顔のついでに耳の中も洗顔フォームで洗ってシャワーで流したところ、左耳に水が入ってしまい出てこなくなりました。

以前もあったんだけど、今回も同じ右耳。前回はそのままにしていたら、なんか違和感を感じなくなったのでそのまま放置しました。
ただ、今回はどうしても気になったので、ググっていろいろな方法を試しましたが、全部だめ。ヨメが「水なら頭を振るとガサガサって音が聞こえると思うんだけど」といわれたけど、そんな音も聞こえません。とりあえずはそのまま会社に行きました。

会社についてもなかなか違和感が消えないので、帰りに家のそばの耳鼻科に寄ることにしました。ただ、午後からはかなり違和感が消えていたので「もう、行かなくてもいいかな」と一瞬考えましたが、とりあえず行くことに。

少し早上がりをして耳鼻科に行くと、そこは小児科のような雰囲気で、待合所のお客さんも子供連れのお母さんばかり...。待合所のモニタで上映されるアンパンマンは見ないで、PS Vitaでみんゴル6をプレイしながら待ちました。途中Vitaの画面を覗いていく子供数人。

診察結果。右耳の奥に耳垢が詰まっており、それが水でふやけて違和感につながったとのこと。それが乾くとまた違和感がなくなるため、治ったように感じるのだとか。

確かに、その原因なら「ガサガサ」といった音も聞こえないし、水が出てこないわけだ。耳垢を取り除いてもらい、すっきり。違和感も消えて、音もなんかよく聞こえるような感じがします。

ただ、反対側の左耳も見てもらったところ、こちらは耳掃除の影響か、少し赤くなっているとのこと。耳掃除もやりすぎはいけないみたい。

ということで、目薬のような感じの点耳薬をもらって帰りました。耳鼻科行ってよかった。

そういえば、みんゴル6。安くなったthe Best版が発売になりましたね。

大相撲九月場所

ヨメのマイブーム大相撲のおかげで、自分のなかでもブームに。ということで初めて両国国技館で行われている大相撲九月場所へ行ってきました。9/16日(祝)九日目でした。

国技館の前にずらっと並んだのぼりがすごい迫力です。奥に見えるやぐらは、その日の取り組みが終わった後、太鼓がたたかれる場所です。そう、NHKの相撲中継が終わるときに流れている、あの太鼓です。

130923 大相撲観戦

130923 大相撲観戦

入り口前。12時前ということで、まだあまり混み合ってはいないようです。ただ、本当は朝8時すぎからやってるんですよね。

130923 大相撲観戦

12時から千賀ノ浦部屋特製ちゃんこを250円でいただくことができるという企画をやっていました。今日はソップ鍋(しょうゆ味)。

130923 大相撲観戦

すごくおいしかったです。ほかの味も食べてみたい。

130923 大相撲観戦

NHKのTVカメラはこんな感じで写しています。

130923 大相撲観戦

公式キャラのひよの山(左)と赤鷲(右)。まんが「ハッキヨイ!せきトリくん」もおもしろいですよ。グッズも売ってます。

130923 大相撲観戦

力士の入り待ちをしている客がたくさんいました。自分はソフトクリームを食べていたら偶然、今話題の「遠藤」が入ってきました。ドピンクがすごく似合ってますよね。

130923 大相撲観戦

背中は昇り龍かな?

130923 大相撲観戦

午後3時半ぐらいになると、幕内(まくのうち)土俵入りが始まります。この頃になると客席もいっぱいです。

130923 大相撲観戦

遠藤。あまりのスピード昇進のためまげも結えなくて、しこ名もまだないという、超話題の力士。

130923 大相撲観戦

稀勢の里

130923 大相撲観戦

琴奨菊

130923 大相撲観戦

今日の取り組みはこんな感じ。

130923 大相撲観戦

幕内土俵入りが終わると、東西の横綱土俵入りが行われます。

東の大横綱、白鳳

130923 大相撲観戦

生で見ると、ものすごい迫力です。

130923 大相撲観戦

西の横綱、日馬富士

130923 大相撲観戦

NHKの中継では途中のニュースで見ることができませんが、行司による明日の取り組み発表があります。

130923 大相撲観戦

今日は満員御礼とのこと。ただ2階席には若干空席が見えました。1階の枡席が満席っていうことなのかな。

130923 大相撲観戦

遠藤 VS 嘉風

130923 大相撲観戦

稀勢の里の厳しい表情

130923 大相撲観戦

琴奨菊 VS 鶴竜

130923 大相撲観戦

のけぞって気合いを入れる琴奨菊

130923 大相撲観戦

白鵬戦はたくさんの懸賞が出ます。一周目

130923 大相撲観戦

そして、もう一周

130923 大相撲観戦

白鳳 VS 豊響

130923 大相撲観戦

白鳳。ものすごく強いです。

130923 大相撲観戦

結びの一番終了後に行われる弓取り式。これで今日の取り組みはすべて終了です。

130923 大相撲観戦

相撲を見てきてから毎日、帰宅後に録画した相撲中継を見ています。まじめに見ると結構おもしろいですね。相撲好きになるなんて、自分も年かな。

日本相撲協会公式サイト
ハッキヨイ!せきトリくん

劇団四季 リトルマーメイド

劇団四季は今まで見たことなかったんですが、リトルマーメイドを上演すると言うことで速攻予約!今年2月の話ですが、半年経ってやっと見ることができました。

劇団四季 リトルマーメイド

ということで、リトルマーメイドが上演されている大井町の四季劇場[夏]へ。チケットは携帯のQRコードなのでペーパーレスでOKでした。

劇場内へ入ると、今までコンサートとかで入ったことのある劇場よりはかなりコンパクトな感じ。席は2階席最前列だったのですが、列ごとの段差もかなりあって後ろの方でもよく見えそうでした。

感想は…。感動しましたっ!水中シーンの浮遊感。歌声。そしてアリエルの可愛さにメロメロです。

もう一回見たいと思いましたが、すでに年内はすべて満席。来年3月までだと少し残ってるぐらい。

とりあえず、会場で買ってきた劇団四季キャスト版のCDを聴いて我慢することにします。このCDのアリエルは昨日演じていた方の声なのですが、透き通っていて素敵です。

劇団四季 作品紹介(ステージガイド) ミュージカル リトルマーメイド(THE LITTLE MERMAID)

YOKOSUKA 軍港めぐり

今日は、以前から一度行ってみたかった横須賀の軍港クルーズに行ってきました。

当日券も扱っているようですが、Webから予約しておくと安心です。運賃は1200円なのでかなり安いですね。でも、横須賀までの交通費が結構かかるんですよね...

YOKOSUKA軍港めぐり

では、写真レポートいきます。

YOKOSUKA軍港めぐりのポスターです。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

この桟橋から船に乗ります。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

一つ前の時間のクルーズが終わって船が戻ってきました。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

チケットはこれ。あらかじめ発券所で購入して列に並びます。並んだ順に入船するので、よい席をゲットするには30分以上前から並んだ方がいいです。でも待っている時間が暑い。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

出港してすぐに潜水艦が。乗務員らしき海上自衛官が手(帽子かも)を振ってくれていました。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

米海軍のイージス艦が係留されていました。タイミングがよければここに原子力空母「ジョージワシントン」が停泊しているらしいです。是非見てみたいなぁ。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

住友重機の造船所が見えます。あのクレーンに書いてある「よこすか」は一文字あたり5mあるとのことです。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

海洋観測艦「にちなん(5105)」、「しょうなん(5106)」。海洋観測艦とは潜水艦や機雷を使った作戦のために、海洋観測を行う艦艇のことらしいです。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

今年3月に退役した潜水艦「わかしお」が係留されていました。退役艦なのでここまで近寄ってもOKだとのこと。スクラップにするのはもったいないですよね。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

掃海艦「つしま(302)」、「はちじょう(303)」。掃海艦とは機雷を排除する目的の艦艇で、毎年発見される不発弾の処理にも使用されるとのこと。磁気機雷に反応しないように、船体は木製らしい。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

深田サルベージ建設の巨大クレーン船「富士」。なんと3000tもの重さをつり上げることが可能とか。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

よく見てみると、クレーンのワイヤーが美しいではないですか。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

クレーンの真下から。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

長浦港から横須賀本港の間の新井掘割水路を通ります。ここは明治時代に旧海軍が人工的に作った水路とのことです。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

護衛艦「やまぎり(152)」、「やまゆき(129)」。その奥は今年退役した「さわゆき」と思われる。退役すると艦番号と艦名のペイントが消されてしまうとのこと。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

護衛艦「たかなみ(110)」、「おおなみ(111)」、「いかづち(107)」。ちなみに写真では艦番号は見えません。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

護衛艦「てるづき(116)」。艦橋の前の白い細長い筒のような部分に機関砲がついており、毎秒70発も発射できるらしいです。毎秒ですよ、毎秒。(いろいろな艦艇に搭載されているとのこと)

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

空母のようなヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが(181)」。全長197mとのこと。でかいです。すごい迫力です。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

砕氷艦「しらせ(5003)」、南極観測船です。南極観測船も海上自衛隊の保有とは知りませんでした。この船を見ることができるタイミングも決まっているので(毎年南極に向かうので当たり前だけど)見れてよかったです。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

桟橋に戻ってきました。案内の放送が楽しくてあっという間の45分でした。

130814 YOKOSUKA軍港めぐり

今度は、ジョージワシントンがいるときに来てみたいなぁ。

YOKOSUKA軍港めぐりTOP|無人島猿島や横須賀の軍港をめぐるご当地クルーズ | 株式会社トライアングル

海上自衛隊艦艇一覧 – Wikipedia

Page 2 of 224
1 2 3 4 224

Home

QR Code

Net MOUNT - QR Code

Mail

Mail Address

UNIQLOCK
メタ情報

Return to page top