Home > Archives > 2011-04

2011-04

ガンプラ ANA ユニコーンガンダムゲット

期間内にANAに乗る予定がないのであきらめていたのですが、会社の同僚が旅行で乗るというのでお願いしました。

念願のANAユニコーンをゲットです。

「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」│航空券│ANA国内線

「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」を開始!│航空券│ANA国内線

インプラント治療終了

土曜日に歯医者に行って、先週入ったインプラントのチェックをしてもらいました。

おおむね良好と言うことで、かみ合わせの微調整と、最後に歯のクリーニングもやっていただき、インプラント治療の終了です。

お世話になった先生に「大変お疲れ様でした」と言われると、毎週のように通ったせいか、なんか寂しい気持ちに(笑)

今度は定期メンテナンスで3ヶ月後に来ますと告げ、歯医者を後にしました。

それにしても、長かったなぁ。

インプラントの歯が入りました

レンタカー借りてエアバッグが爆発した事故から3年2ヶ月。今日やっとインプラントの本歯が入りました。長かった...

今までの経緯です。

  1. 右ハンドルを切っているときにエアバッグが爆発したので、左手の甲が顔面ヒット。左前歯が抜け、その隣2本も神経死亡、特に2本目は口の内側に曲がってしまった。
  2. 歯茎の治療、歯が安定するまで半年間放置。
  3. 歪んでしまった歯を治すため矯正治療開始。寝ているときだけはめるタイプなので時間がかかる。抜けた前歯部分には、元の歯の根を切断して、隣の歯と接着固定。
  4. 1年半ぐらいで矯正完了。ただ、曲がった3本目の歯が戻ってしまうので、3本まとめた仮歯を作成(残った2本部分を小さく削ってかぶせる感じ、これでいいんじゃないかぐらい良くできている)
  5. 数ヶ月後。インプラント用の検査でCTスキャン撮影。
  6. 2週間後、検査結果をもとに治療プランの説明。CGソフトウェアでこんな感じって説明してもらう。
  7. 1次オペ。すでに埋まった前歯の歯茎を切開して、骨にインプラント体を埋め込む。
  8. 半年後、インプラント体が骨にしっかりと一体化したころに2次オペ。インプラント体を覆った歯茎を切開して、雄ねじであるアパットメントをはめ込みます。その上に新しい仮歯を装着。同時に事故で切れてぴらぴらしていた上唇小帯(上くち びると歯ぐきとをつないでいる「すじ」)の形を整えて縫ってもらいました。
  9. 数週間後、新しい仮歯を作成。今度はインプラントの前歯1本と、隣の2本が分かれたタイプ。今回も、これでいいんじゃないかってくらいよくできてる。ただ、せっかくできた前歯の仮歯の真ん中に穴を開けて、インプラント体にねじ止めできるように加工されました。
  10. 2ヶ月ちょいかけて仮歯の調整と、歯の根元の歯茎の整形をして、最後の型どり。
  11. 2週間後、できあがったセラミック製の本歯を装着。←今ここ

新しい歯を入れた後、鏡で見せてもらったのですが、もうほとんど自分の歯との違いがわからないほどのクオリティでした。これには自分でもびっくり。さすが高いだけあるよな...。

左上前歯(写真では右上)3本がセラミック製です。インプラントは前歯1本だけなのですが、その隣の歯2本もまとめて入れています。(自分の歯を削って細くして、2本分つながった人工の歯をかぶせています)

※最初自分でも間違って、反対側を囲んでいました。それだけわからないんです。

今後、また何回か通院してかみ合わせ等の調整が行われると思います。

インド料理

ガンダム講談の帰り、ヨメと待ち合わせてヨメおすすめのインド料理店へ行ってきました。

食べたのは、ほうれん草のチキンカレー、野菜カレー、ナン、チーズナン、ラッシーです。(正式名称は忘れました)

辛いのが苦手なヨメのおすすめだけに、2つともぜんぜん辛くないカレーだったのですが、ものすごくおいしかったです。また、久しぶりにナンで食べたカレーだったので大満足でした。

チーズナンというものも初めて食べたのですが、もっちもちのナンの中にチーズがたっぷり入っていて、シナモンとメープルで甘く味付けされていました。単体で食べてもスイーツのようにおいしいのですが、カレーをつけても不思議にマッチしておいしかったです。

また、今度別のカレーにチャレンジしたいと思います。

2度目のガンダム講談会に行ってきました

昨年11月に新宿で参戦させていただいたガンダム講談があまりにも素敵だったので、本日2度目の参戦をしてきました。

TwiPla – 【旭堂南半球のガンダム講談トーキャー方面軍~重力戦線1】

場所は、神田神保町の「らくごカフェ」という古本屋ばかり入ったビルの5階。エレベータを上がって5階で降りるといきなり古本屋だったのでちょっと迷いました(古本屋内を通り抜ける必要があった)。受付でジオンギャル2人にお金を払うと、いきなり「せーの」って言われるので、そこで「ジークジオン」というのがルール(客へのサービスということらしい)。

カフェと行ってもライブハウスのようなスタイルで、前面に舞台があって、後ろにはカウンターがあって、そこでドリンクや軽食を購入できるようになっています。自分はウーロン茶(200円)とサンドイッチ(100円)を購入。サンドイッチが安すぎてびっくり。

ガンダム講談のDVDも欲しかったが、枚数が少なくてすぐに完売してしまった。

時間になると、旭堂南半球さんと宝井琴柑さんが舞台に上がって、開演前のお話しがスタート。近況報告やガンダムについていろいろ話してくれたのですが、これが盛り上がり、講談に入らず20分が経過(笑)。

まずは、琴柑さんの古典講談『弁慶と牛若丸』。前回の貞鏡さんもなかなかの美人だったが、琴柑さんもかわいい。しかし、そこはプロであって講談の語りはとても熱く、ついつい聞き入ってしまう。

次は、待ちに待ったガンダム講談『ランバ・ラル降下』。本日は女性客も多く、ガンダムに詳しくない客も多いのではと、南半球さんの配慮で寺子屋方式(途中解説多め)の進め方にしたという。というわけで、ランバ・ラルの生い立ちや、ガルマ死亡の悲しみに暮れるザビ家など、わかりやすい語りに観客納得。そして名言「ザクとは違うのだよ。ザクとは。」。アコーズ、コズンも両翼にいるような安心感。

途中10分間程度の休憩を挟み、琴柑さんの2本目『夫婦餅』。感動的なラストシーンに耽っている暇もなく、本日ラストのガンダム講談は『鬼戦車ヒルドルブ』。マニアックなIGLOOからの1本は東京初披露とのこと。

これまた、1本目を超える熱い語りで、ヒルドルブの無限軌道(キャタピラ)音を演じきった南半球さん。そして、ソンネン少佐の活躍に敬礼。

(今回は撮影タイムがなかったので、写真なし。次回は是非撮影タイムが欲しい)

また、6月にも東京講演が予定されていると言うことで、食事会も含め是非参戦させてもらおうと思っています。

だって父さん、ドダイだよ

Home > Archives > 2011-04

QR Code

Net MOUNT - QR Code

Mail

Mail Address

UNIQLOCK
メタ情報

Return to page top