Home > Archives > 2006-08

2006-08

妖怪汁を入手

ガンダムEXPOへ行った帰りにエスカレータを降りるとふとゲゲゲの鬼太郎ショップが目に入りました。
どうやら期間限定のショップのようです。
ちょっと立ち寄って怪しいドリンクを買ってきました。その名も「妖怪汁」。
その他にも、「鬼太郎の住む森の湧き水」、「妖怪珈琲」、「目玉のおやじ汁」、「ねずみ男汁」を入手。
「ぬりかべ焼酎」らしきものも存在しましたが購入しませんでした。
さて、どれから飲もうかな。

ゲゲゲの鬼太郎ドリンク
ゲゲゲの鬼太郎ドリンク
Originally uploaded by mount.

ガンプラ万博!!

小中高と作り続けたガンプラですが、去年ちょっと作ってみて現在のガンプラの進化に驚かされました。そんなガンプラの歴史を体感できると言うことで、行ってきました池袋はガンプラEXPO
土曜日とはいえ閉館2時間前なのでもうそんなに混んでいないだろうと思っていましたが予想は大きく裏切られました。なんと入場規制がかかっていて会場前には長い列ができていました。
それにしてもこの待ち行列、人が多くて暑すぎ。熱い系の人たちが多いというのもありましたが、思ったより普通のカップルとかもガンプラ見に来ていてちょっと安心。
配られたガンプラのパンフレットを読んでいたりしていると、列の長さの割には20分ほどで入場できました。
どんな感じだったかは写真をご覧ください。思ったよりも楽しかったなぁ。

会場入口
会場入口
Originally uploaded by mount.

入ってすぐに35万円の巨大プラモがお出迎え
入ってすぐに35万円の巨大プラモがお出迎え
Originally uploaded by mount.

「ガンプラ」の誕生と進化コーナー
「ガンプラ」の誕生と進化コーナー
Originally uploaded by mount.

歴代ガンプラの展示 あっ、これ持ってたよ!
歴代ガンプラの展示 あっ、これ持ってたよ!
Originally uploaded by mount.

名場面ジオラマ「ガンダム大地に立つ」
名場面ジオラマ「ガンダム大地に立つ」
Originally uploaded by mount.

名場面ジオラマ「赤い彗星」
名場面ジオラマ「赤い彗星」
Originally uploaded by mount.

名場面ジオラマ「黒い三連星」
名場面ジオラマ「黒い三連星」
Originally uploaded by mount.

名場面ジオラマ「ラストショット」
名場面ジオラマ「ラストショット」
Originally uploaded by mount.

初代1/144ガンダムの図面 ここからすべては始まった
初代1/144ガンダムの図面 ここからすべては始まった
Originally uploaded by mount.

金型の展示
金型の展示
Originally uploaded by mount.

最新の金型技術で作られたペットボトルキャップ上の極小プラモ
最新の金型技術で作られたペットボトルキャップ上の極小プラモ
Originally uploaded by mount.

会場内の様子
会場内の様子
Originally uploaded by mount.

パッケージ原画の展示
パッケージ原画の展示
Originally uploaded by mount.

プラモ雑誌から精巧なジオラマも展示
プラモ雑誌から精巧なジオラマも展示
Originally uploaded by mount.

カリスマモデラーによる組み立て実況
カリスマモデラーによる組み立て実況
Originally uploaded by mount.

発売予定モデル これワッパだー
発売予定モデル これワッパだー
Originally uploaded by mount.

機動戦士ガンダムDVD-BOX RX-78-2ヘッド付限定版のモック
機動戦士ガンダムDVD-BOX RX-78-2ヘッド付限定版のモック
Originally uploaded by mount.

スニークでTOT行ってきました

TDSの年パスが切れて早2ヶ月。
来月からパスポートの値上げが行われるので更新のためTDRへ行ってきました。
嫁は「今年もTDSかよ、TDLに行きたいよ。」っていう感じだったのですが、年何回かはTDLも行くよっていう約束をしてTDSの年パスを購入することに(強引に?)しました。(共通パスは値段が高いので買えません)
やっぱり大人はTDSだよね。TDLにはない落ち着いた雰囲気が好きなんだ、それと夜景が超キレイだし。そしてなんといっても今年は5周年+TOT(タワーオブテラー)のグランドオープンが重なってるし!!そんなTDSを選ばない手はないでしょ。
というわけで舞浜のウェルカムセンターへ着くと、平日の午後3時過ぎにもかかわらずなんと年パスを購入する人の列ができていました。
やっぱり9月からの値上げは大きいみたいで、駆け込みで買う人、更新する人が多いのかも。
(年パスの更新は1ヶ月前から、引換券の購入は6ヶ月前からできるみたいなので前もって買う人がいるのかも)
チャリは舞浜駅の駐輪場に止めてリゾートラインでTDSへ向かいました。久々のリゾートラインにご機嫌な嫁。
TDSに入るともうそこは5周年の飾り付けでいっぱい。(2ヶ月ぶりだからなー)
初めてパークにα100を持って行ったんで、もう写真撮りまくりだし、自分(笑)
今日の混み具合をチェックしにインフォメーションボードをチェックしに行くと、「タワーオブテラー 待ち時間 45分」との表示。
え?TOTは来月9/4オープンだったはずでは?。お!そっかスニークなのね。(帰宅後ネットで調べると前日からスニーク営業が行われていたようです)
スニークとはグランドオープン前に一般に開放されるテスト運用みたいなもの。
嫁にこのことを告げると、「完成しても、絶対アレ(TOT)は乗らないからね。一人で乗ってきて」とさんざん言っていた嫁が「行く行く!」と率先してTOTへ向かい始めました。いったいどういう風の吹き回し??(嫁はジェットコースターの急降下とかでは目も開けられないぐらいの、極度の落ちもの系絶叫マシン嫌いなのです)
TOTにつくと確かにぜんぜん混んでいない。パークにいる一般のゲストもあまり知らないのだろうか?
(TOTは古びた巨大なホテル型のフリーフォール型アトラクション。でもそこはディズニー。ただの絶叫マシンではなく並んでいる間の廃業したホテルの内装や、このホテルとオーナーにまつわる不気味なストーリーを体験できるようになっています。詳しくはTOTのオフィシャルページへ)
ホテル内のQライン(待ち行列)に並ぶと15分ほどでプレショーの部屋へ着くことができました。(プレショーがこれまたすごい!)
プレショー終了後、次はとうとうエレベータに搭乗?というタイミングで機器のひとつにトラブルがあったようで、プレショーの部屋に20分ほど足止めされました。
通常だと客が怒ってしまうようなこのシチュエーションも今回はスニーク、しょうがないとみんなあきらめ気味。それよりも一足先にこのTOTに乗れることが楽しみでワクワクしているようでした。
それは嫁も一緒。このときまでは...
そしてとうとうこの時が来ました。
エレベータに乗り込みシートベルトチェックが終わると扉が閉まり部屋は真っ暗に...。
この先は言っちゃうとおもしろくないので、TOTオープン後自分で体感してくることをオススメします。
実際乗っている時間は短めですがかなりおもしろかったです。
嫁はといえば、だめでした。自分の腕をがっちりつかんで下を向いて目は閉じっぱなしで「ギャー」と大声で叫んでいました。
エレベーターが落ちる直前にインディーやスプラッシュマウンテンのような写真撮影が行われるのですが、出来上がりをチェックしたところ、嫁は乗車した22人中ただ1人だけ下を向いていました。
「うまくとれてたら買うのにね」そういうと、「だめだめ。もう絶対乗らない。」そう言ってまだふるえていました。乗る前のあの勢いはどこへ行ったんだ??
と、そういいながらも結局半日で3回も乗り慣れてきたのか、最後には「なんとか」正面を向いたままの写真が撮れて無事購入しました。
このTOT。グランドオープン直後はレイジングの時のように5、6時間待ちになりそうな気がします。その前に乗れてホント良かった。
いっぱい歩いたし、大声も出してストレス解消。やっぱりTDSはいいよね。嫁とそう話していました。
年パス購入初日としては上出来の一日でした。
追記:そういえば2回目に乗った時、ちょうど外が見える部分で止まったときブラビッシーモの炎が見えて(ラッキー)ゲストから歓声が上がっていました、キレイだったなー。ということでTOTは夜もオススメです。(もちろん嫁は外見てませんでしたが)

不気味なハイタワー・ホテル
不気味なハイタワー・ホテル
Originally uploaded by mount.

ホテル入口のハイタワー三世
ホテル入口のハイタワー三世
Originally uploaded by mount.

ホテルハイタワー内の暖炉
ホテルハイタワー内の暖炉
Originally uploaded by mount.
高塔=ハイタワーとはなんとも悪趣味な暖炉だ

ハイタワー三世の書斎
ハイタワー三世の書斎
Originally uploaded by mount.
この左側にあの像があったはずなのに!?

たまに浮かび上がるTOWER OF TERROR
たまに浮かび上がるTOWER OF TERROR
Originally uploaded by mount.

ホテルに走る稲妻
ホテルに走る稲妻
Originally uploaded by mount.
エレベーターが落ちる瞬間ホテルに稲妻が

バリウム初体験

そういえば先週の土曜日、区の胃ガン検診を受けてきた。
区の検診は無料なのでありがたい。
前日20時から食事はもちろん水も飲んではいけないと言われていたので、のどが渇いてもぐっと我慢したのだが、この季節水も飲めないというのはとってもつらい。毎日3L以上は水を飲む人なので拷問状態だった。
当日は朝10時からの予約なので結構早めに起きて検査センターのある区民ホールへ。
嫁は最初に乳ガン検診があるので別行動となる。
待合室のTVで高校野球を観ていると30分ほどで名前が呼ばれた。個室に入ってパンツ一丁になった上に検査着を羽織りドキドキしながら自分の順番を待つ。
その間、前の人が検査されている声が聞こえてくる。「はいもうちょっと回って。そしてそのまま仰向けになってください...」。
いったいどんな体勢をとらされてるんだろう。
それから5分ほどで名前が呼ばれ、放射能マークのドアの中へ。
検査室にはいると真ん中に大きな機械が置いてある、目に入ったのは競輪のマーク。「こんな所にも競輪のお金が...」、そう思いながら検査員の説明を聞く。
「この発泡剤を、薬を飲むようにこのコップの水で飲んでください。飲むと胃の中で空気が膨らんでゲップしたくなりますけど我慢してくださいね」。
ゲップなんて我慢できるものなんだろうか...。
舌の下に顆粒状の白い粉を入れて、一気にコップの水で胃に流し込むとあっというまにお腹がパンパンに膨らんだ、そして確かにゲップが出そうになる。
どうやって我慢していいかわからないので、空気を飲み込んでみるとなんとかゲップを出さないですんだ。
「そのままこの機械の(ベットのような部分)にこっちを向いて立ってください」。所定の位置に立つと右手にたっぷりと白い液体の入ったコップと、左手にティッシュを数枚持たされた。
検査員はガラス越しの操作室のようなところへ入っていった。
「それでは、そのバリウムを一口だけ飲んでみてください」。と、とうとうこの時が来た。初バリウム。
おそるおそる一口飲んでみる。
ん?思ったより飲みやすい、何の味かは覚えていないが確実に飲みやすい味がつけてあるようだ。(今思えばバニラ味っぽかったかもしれない)
「それでは、残りのバリウムをすべて飲んでくさい」。げ、まだたっぷりとあるのにこれを全部飲むのか?一気に飲もうとがんばってみたが途中で息が苦しくなって一息付いてしまった。そのときに検査員のいる部屋のガラスを見ると口から白い液がたらりとたれている自分の顔が写った。
げ、吐きそう。そう思っていると検査室から「ではティッシュで口を拭いてください。コップは右側のコップ置きに、ティッシュは足下のゴミ箱へ...」
けっこうシステマチックなのね。
台に乗るとそのままベットは水平状態に移動、ちょうどベットの上に寝ているかんじになった。
検査員は操作室から指示を出すのだがマイクとかを使ってないのでなんて言ってるのかよく聞こえない。いちいち身体を起こして耳を澄まして聞き取る。
最初にゆっくりとごろごろ転がって胃の中にバリウムをコーティングした後、いろいろな体勢をとって撮影を行っていく。
途中、かなり逆立ちに近い体勢も取らされたが、最初に受けた説明員の「落ちるほど」という脅しほどはつらくなかった。
10分ぐらいで撮影は終わり最後にまたティッシュと下剤を渡された。「そのティッシュで口のまわりを拭いてください」。げげ、まだ付いてるのかよ。
「下剤は家に帰ってから2錠飲んで、それでも便が出ないときは夜に2錠飲んでください」。このうえに下剤も飲むのかよ、いやだな。
撮影が終わってから少しすると、嫁が乳ガン検査を終えて胃ガン検査にやってきた。
なんかすごく緊張している、嫁も初バリウムだ。なるべく緊張しないように事細かに発泡剤やバリウムのことを教えたがそれが余計緊張を誘ったみたいだ。
数分後、嫁も呼び出され個室へ入っていく。
待合室にある子供用の絵本や週刊誌を呼んでいるとなにやら中が騒がしい。
「中止です中止」出てきた係員同士の会話がそのように聞こえた。
少し経つと嫁が個室から出てきた。涙目になっているし少し咳き込んでいる。
「どうしたの?」。「だめ、あんなの飲めない」。
くわしく聞くと、どうやら嫁は発泡剤を途中から飲み込むことができず、胃に入る前に発泡が始まって大変苦しい状態になったらしい。そして涙がドーッと出てきて止まらなかったとのことだ。
それを見て手慣れているはずの検査員もあわててしまうぐらいの大事件だったらしい。ということでもちろん検査中止(汗)
まあ、ガン検診で逆に死なれても困るしね。無理しなくていいよと嫁を慰めて帰宅しました。
そういえば嫁は炭酸ジュースも飲めない人だしね。(粉薬も口の中で混ぜてから飲む人でもあるらしい、そんなんじゃ発泡剤は飲めないだろうし)
自分はというと家に着く前にいきなり便意をもよおし下剤を飲まずしてすべて出尽くしました。(ギリギリセーフで家のトイレに駆け込みました)
何でだろうとネットを調べてみると、実はバリウムにも下剤を混ぜてあるそうです。(検査場所によるだろうけど)
すぐに下剤飲まないでよかった。
来年もこれ行うのかと思うとちょっと気が重くなった。
検査結果は3週間後郵送されてくるらしい。良い結果だといいな。

KYOSUKE HIMURO + GLAY 2006 SWING ADDICTION チケット

KYOSUKE HIMURO + GLAY 2006 SWING ADDICTION チケット
KYOSUKE HIMURO + GLAY 2006 SWING ADDICTION チケット
Originally uploaded by mount.

記念のチケットのショット。KING SWING(氷室FC)枠のチケットです。
通常のチケットと作りが違う!紙が違う!かなり豪華な感じでした。

KYOSUKE HIMURO + GLAY 2006 SWING ADDICTION 行ってきたよ

いやぁ、今日は暑かったよ。
簡易クーラーバックにコンビニに売ってる冷凍ペットボトル2本と保冷剤を入れて、その上に500mlのミネラルウォーターを数本入れて持って行ったんだけど正解だったよ。(なんと味の素スタジアム、アリーナ席には水以外持ち込めないというルールがありました)
キーンってかんじで今でも耳鳴りがします。耳痛いよ。ホント、今日は音悪かったね。
なんて言うかキンキン高い音ばっかり目立って、ギターとベースが大きすぎて氷室の声が聞き取りにくかった。
場所が11列目とかなり前だったせいもあるかもしれないけど、あれはちょっといただけなかった。
あと、前面の巨大スクリーンが実際の曲とずれてるんだよね。高い金取ってるんだからやめて欲しいよね、こういうの。
今日のPA最悪。
で、最初はGLAYのライブ。GLAYはじめて見たけどファン層が氷室よりかなり若い。
開幕でいきなり後ろから黄色い声援をきいてびびってしまったよ。
振りもかなり違うね。両手を捧げる感じ。恥ずかしくて真似はできない。
でも、さすがGLAYだけあって聞いたことのある有名曲は楽しめたよ。目の前でメンバーも見れたし、すごく得した感じ。
1時間後。ここから本番、氷室メンバーの登場。
バンドセットはどうやって取り替えるのかなと思ったら、なんとドリフ方式。舞台がぐるっと回り出して、すごい金かかってるなと思った。
氷室のナンバーはGLAYファンもいるせいか新しめの曲メイン。ちょっとさみしいかな。
でも目の前で氷室の手振り付きの歌が聞けた。ここだけ幸せ。
GLAYファンも多いせいか乗りがいまいちだった感じだけど、お祭りということであんなものか。
最後はGLAYセットにもどり、一緒にANSWER演奏。生で聞くと特に氷室の歌のうまさが目立ってしまうが、なかなかの名曲だと思う。
そして締めのSUMMER GAME。GLAY演奏と言うことでちょっとびっくりした。テルのサマゲはいまいちだったが。
基本的にはGLAYのコンサートに氷室が参加って感じのライブに仕上がってました。いい思い出にはなったかな。
でも耳痛いよ。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

ANSWER (DVD付) / GLAY feat.KYOSUKE HIMURO / CD ( Music )

EMIミュージック・ジャパン( 2006-08-02 )

定価:¥ 1,337 ( 中古価格 ¥ 1 より )


ANSWER / GLAY feat.KYOSUKE HIMURO / CD ( Music )

EMIミュージック・ジャパン( 2006-08-02 )

定価:¥ 648 ( 中古価格 ¥ 1 より )


Home > Archives > 2006-08

QR Code

Net MOUNT - QR Code

Mail

Mail Address

UNIQLOCK
メタ情報

Return to page top